住宅ローンに必要な審査と保証料-cialisorders

-

更新情報

住宅ローンを契約する際には様々な費用が必要になりますが、中でも高額な費用として、保証料があります。
これは住宅ローンの保証人として、保証会社に信用保証をして貰う必要が有るため、そのために支払う費用になります。
そもそも借金をする際には、保証人を立てる必要があります。
これは、借り主が返済できなくなった場合にかわりに返済をしてもらうためです。
少額の借金の場合には、個人に保証人になってもらうことができるでしょう。
しかし住宅ローンの契約の際には、借入金が高額になります。
それを個人に保証してもらうというのは難しいでしょう。
金融機関からしても、本当に保証することができるかという不安があるでしょう。
保証人の資金力を調査する必要があるかもしれません。
そのため保証会社に保証をしてもらうことになります。
金融機関の多くは、保証会社に保証をしてもらうことが必須の条件になるようです。
保証料は比較的高額になりますが、保証会社によって異なります。
一般的には数十万円の額が必要になるでしょう。
場合によっては100万円近い金額になるかもしれません。
保証会社も借り主が返済することが難しいと判断すれば、高額な保証料を請求するというわけです。
高額な保証料ですが、一括で払うことも住宅ローンの返済に上乗せして分割で払うこともできます。
しかし一括で払ったほうが安いので、多くの人は一括で払うようです。

事前審査と本審査の違いについて

住宅ローンを契約する際には、審査に通過する必要があります。
審査には事前審査と本審査があり、それぞれの審査に通過しなければ、住宅ローンを契約することはできません。
では事前審査と本審査の何が違うのでしょうか。
実は、審査をする機関が違うということが大きな違いになります。
住宅ローン シミュレーションを契約する際には、金融機関を利用することが多いと思います。
金融機関は万が一に備えて保証会社を介在させて契約を進めていくことがほとんどです。
事前審査は金融機関が行い、本審査は保証会社が行うというのが大きな違いになります。
場合によっては保証会社を介在させない金融機関もありますが、ほとんどの場合にはこのような仕組みになって言うと思いましょう。
事前審査と本審査はそもそも審査する機関が違うので、事前審査に通過したから本審査も通過するということはありません。
本審査に落ちてしまい住宅ローンを契約することができないという人も多いようです。
事前審査は、住宅を購入する前に行われます。
しかし本審査は住宅が建ってからの審査になります。
そのためまずは事前審査に通過しなければ始まりません。
事前審査は住宅購入の前に行われるので、複数の金融機関に審査をしてもらうということも可能です。
事前審査に通過できない場合には本審査に通過することもあできません。
事前審査に通過することができた金融機関から、契約する住宅ローンを選ぶようにしましょう。
ひとつの審査に通過できなかった場合でも、他の金融機関の審査に通過することができたということもあるので、諦めずに複数の金融機関の審査を受けましょう。

Copyright(C)2014住宅ローンに必要な審査と保証料-cialisordersAll Rights Reserved.